第24節 3月1日(金)フランクフルト対メンヘングラートバッハの見どころ

ブンデスリーガ第24節初日には、前節出場停止となっていた日本代表MFが復帰するフランクフルトが、本拠地にメンヘングラートバッハを迎える。

ここ3試合無得点で白星のないフランクフルトだが、今シーズンの目標として勝ち点40獲得を宣言しているフェー監督は、「(最近得点がないことより)23試合終えた時点で、勝ち点38ということの方がずっと大きな話題」と、そこまで深刻に考えていない様子。この試合では、出場停止明けの乾が再び先発に復帰すると見られているほか、クロアチア代表FWも間に合う見込みと、明るい要素もある。ラキッチは第20節のハンブルガーSV戦で2ゴールを決め、勝利の立役者となったが、前節では背中の痛みを訴えて欠場していた。これに加えて、ここ5試合不発のFWが復調すれば、ひさびさに勝ち点3を手にし、この試合で今季通算40点の大台達成の可能性もある。

対するメンヘングラートバッハは、前節では昨季王者ドルトムント相手に同点まで持ち込んだものの、直近の公式戦6試合で勝ち星がない。しかしこちらも、主力選手となるMFアランゴ(今季5得点)が足首関節の負傷から復帰すると共に、警告累積で前節は出場停止だったMFヘアマン(今季6得点)も出場可能に。また、21日にUEFA欧州リーグ(EL)敗退が確定していることもあり、GKテアステーゲンは、「また(欧州大会にするまで)16年もファンを待たせるわけにはいかない」とシーズン後半の巻き返しを誓っている。EL予選出場圏内の6位には、現時点で勝ち点3だけとどかないメンヘングラートバッハ。この試合で早速、悪い流れを切り替えることができるか。

両チーム共に最近調子が今ひとつだが、中心となる選手の復帰により、この試合ではゴールラッシュが期待される。