ホームのブレーメン戦

23日(土)、本拠地にブレーメンを迎えるバイエルン・ミュンヘンは、20日のCL決勝トーナメント1回戦第1戦のアーセナル戦のあとに発表したように、オランダ代表MFアリエン・ロッベンを先発出場させる方向。ロッベンは約2カ月負傷によって戦線離脱、怪我が回復してからは控えに甘んじていた。

またいずれも負傷していたジェローム・ボアテングハビエル・マルティネスおよびラフィーニャの3選手も出場可能だという。

今節のブレーメン戦は、バイエルンのユップ・ハインケス監督(67)にとって選手・監督のキャリア合わせてブンデスリーガ1000試合という大切な節目。ベストメンバーをそろえ、記念勝利を贈ることになりそうだ。