右膝の半月板を手術

日本代表DFの所属するシャルケは1月30日、ルーマニア代表FWチプリアン・マリカが離脱すると発表した。

マリカは29日の練習中に右膝の半月板を損傷し、30日に膝の手術の専門家であるアウクスブルクの医師、ベーニシュ博士のもとで手術を受けた。27歳のマリカは、イェンズ・ケラー新監督就任以降の公式戦3試合に全て先発しており、第18節のハノーファー戦ではゴールを挙げている。