2014年6月までの期限付き移籍

日本代表DFの所属するシャルケは29日、フランス1部リーグのオリンピック・リヨンから、ブラジル代表MFミシェル・バストス(29)を獲得したと発表した。2014年6月まで1年半の期限付き移籍で、完全移籍に移行できるオプションもついている。

シャルケのヘルト・スポーツ担当取締役は「移籍が実現して嬉しい。国際舞台での経験が豊富な即戦力。それに欧州チャンピオンズリーグ(CL)にも今季出場できる」と談話を発表した。シャルケは今季のCLで1次リーグを首位で突破し、決勝トーナメントではガラタサライ(トルコ)と対戦する。リヨンは今季欧州リーグ(EL)に出場しており、バストスは1次リーグの1試合に出場した。

身長179センチで左利きのミシェル・バストスは、ブラジルから2001年にオランダ1部のフェイエノールトに移籍した、翌シーズンは同1部に昇格したエクセルシオールに期限付きで移籍した。その後いったんブラジルに戻り、2006~07年シーズンから再び欧州でプレーするためフランス1部のOSCリールに加入。2009~10年シーズンに移籍したリヨンでは、フランス1部のリーグ戦98試合に出場、25得点を決めている。

ブラジルA代表ではこれまで10試合1得点。うち、2010年ワールドカップ南アフリカ大会では5試合に出場した。