プレミアリーグのトッテナムへ

日本代表DFが所属するシャルケは1月28日、ドイツ代表MFルイス・ホルトビー(22)が同日付でイングランド・プレミアリーグ4位のトッテナムに移籍することで合意した、と発表した。

ホルトビーの移籍は当初、今季の終了後に成立する予定だった。スポーツディレクターのホースト・ヘルト氏は「全ての関係者にとって最善の結論に至った。ルイス(・ホルトビー)は予定より早く移籍することに対して積極的な姿勢を示していた。彼の契約切れまで残り5ヶ月という状況で、シャルケは相応の移籍金を得ることができた。彼は常に適切な行動をとり、最後の最後までシャルケのために奮闘してくれた。成功を心から願っている」と談話を発表した。

U21ドイツ代表主将でもあるホルトビーは、2011/12年シーズンにシャルケに加入した。ブンデスリーガでは延べ99試合に出場し16得点を挙げた。ドイツ代表ではこれまで3試合に出場している。