元イングランド代表監督

ブンデスリーガ2部の1860ミュンヘンは15日、スウェーデン人で元イングランド代表監督のスベンヨラン・エリクソン氏(64)が監督に就任すると発表した。

昨年11月に解任されたマウラー監督の後任を務めるアレクサンダー・シュミット監督(44)は留任し、共同で指揮を執る。両監督の役割分担については近日中に発表するとしている。

エリクソン氏は外国人監督として初めて2001~06年にイングランド代表監督を務め、その後マンチェスター・シティ、メキシコ代表、コートジボワール代表などの指揮官を指揮していた。