「もっと慣れたい」

ブンデスリーガ、フォートゥナ・デュッセルドルフにこの1月にJ1清水から加入したFW大前元紀が14日会見し、ドイツでの抱負を語った。

「チームには最初からすごく歓迎してもらって、溶け込んでいると思う。(守備的なチームなので)自分も守備をしないといけないし、そのなかで、攻撃の自分の良さも出していけたら」と意気込みを述べた。

また、13日に強化試合のウィンターカップで初めてホームの観客の前でプレーしたが、「ピッチにも、雰囲気にも、もっと慣れたいと思った。点も取っていないし、出来には不満。自分はもっとできると思う」と話した。

デュッセルドルフはシーズン後半の開幕となる第18節、1月20日に、本拠地にアウクスブルクを迎える。