4-2-3-1のトップ下で先発

フォートゥナ・デュッセルドルフは5日、キャンプ地マルベリャ(スペイン)でブンデスリーガのマインツと強化試合を行った。今冬、Jリーグ清水エスパルスから加入したFWは先発で実戦デビューを飾った。試合は0-3で敗れた。

デュッセルドルフがキャンプ中に2試合予定している強化試合の1試合目。大前は4-2-3-1のフォーメーションのトップ下の位置で先発出場した。前半はCKのキッカーを務めたが、これは好機には至らず。大前の放ったシュートは惜しくもGKに防がれた。後半は右MFの位置に移り、61分に交代で退いた。