2部デュイスブルクから センターバックや守備的MFをこなす

が所属するハノーファー96は3日、ブンデスリーガ2部のMSVデュイスブルクから若手DFアンドレ・ホフマンを獲得した、と発表した。

ホフマンは2002年にデュイスブルクのユースに加入し、トップチームでプロデビューを果たした。弱冠19歳ながら、これまで既に2部の37試合に出場し1得点している。身長188センチ、体重82キロ。本職はセンターバックで、守備的MFもこなし、現在U20ドイツ代表メンバーでもある。

背番号は15をつけることが決まった。これまでハノーファーで背番号15をつけていたヘニング・ハウガーは、ノルウェー1部リーグのリールストロムSKへの移籍が決まった。

ホフマンの契約は2016年6月30日までで、移籍金は非公表となっている。