ブンデスリーガ前半戦は12月14日から16日にかけて行われた第17節で終了した。結果はFCバイエルンが2位レーバークーゼンに勝ち点で9点差をつけて首位を独走。今季昇格してきたアイントラハト・フランクフルトはリーグ2連覇のドルトムントに勝ち点で並ぶ堂々の4位で終えた。以下、前半戦を特徴づける10のトピックを紹介する。



(1)昇格組の快進撃 アイントラハト・フランクフルト


(2)ベストプレーヤー FCバイエルン MFトーマス・ミュラー


(3)救世主の復帰 ハンブルガーSV MFラファエル・ファンデアファート


(4)劇的事件 1899ホッフェンハイム MFボリス・ブクチェビッチ


(5)思い切った転職 VFLウォルフスブルク クラウス・アロフス


(6)復活の守護神 ハンブルガーSV GKレネ・アードラー


(7)バイエルンの鉄壁 FCバイエルン DFダンテ


(8)芸術的ゴール メンヘングラートバッハ MFフアン・アランゴ


(9)前半戦の「監督」 クリスティアン・シュトライヒ


(10)得点王 バイヤー・レーバークーゼン FWシュテファン・キースリング