53歳のペーター・パクルト氏

SGデュナモ・ドレスデンは12月18日、ペーター・パクルト氏(53)が同日付けで新監督に就任したと発表した。契約期間は2014年6月30日までで、契約はクラブが2部に残留した場合のみ有効。

パクルト氏は既に2005年12月からの約9カ月間、ドレスデンの指揮を執った経験がある。当時は2部残留を実現することはできなかったが、今回改めて16位と残留争いの渦中にあるチームの立て直しを図ることとなる。