負傷は右膝の骨挫傷 手術はせず保存治療

ブンデスリーガ2部のボーフムは17日、MF田坂祐介が右膝の負傷で、19日に本拠地で同じ2部の1860ミュンヘンと戦うDFBカップ3回戦を欠場すると発表した。

田坂は14日の練習中に右膝を打ち、16日のパーダボルン戦では今季のリーグ戦では初めてベンチ外となった。クラブは16日、膝の内側側副じん帯が伸びたため、と発表していたが、17日のMRI検査の結果、じん帯には一切損傷がないことが分かり、右膝の上部の骨の内部で骨挫傷を起こしていると診断された。

チームドクターによれば、手術はせず保存治療を行い、来年1月11日からトルコで行う冬季合宿でチーム練習に合流できる見込み。