ブンデスリーガ第17節(12月14日~16日)を数字で振り返る。

シリーズ


• ホッフェンハイムは6連敗を喫し、これはクラブ史上最多連敗タイ記録。
• シャルケは今季初の連敗。ここ6試合で獲得した勝ち点はわずか2。
• メンヘングラートバッハの5試合連続無敗は今季最長。
• レーバークーゼンは、全18チーム中で唯一前半戦ホーム負けなし(6勝2分)。
• フュルトは15試合連続勝利なし。ホームで勝ち星のない唯一のチーム。
• アウクスブルクは10試合連続勝利がなく、クラブのブンデスリーガでの記録を更新中。
• フランクフルトはブンデスリーガにおいてウォルフスブルクでの勝利は初めて(過去は6敗4分)。

ゴール


• 今季の前半戦全153試合で、計444ゴールが生まれた。昨季前半戦に比べ6ゴール増。
• ドルトムントのMFゲッツェは今季6ゴール目を決めた。1シーズンを通してこれ以上の得点を決めたことはまだない。
• FWキースリング(レーバークーゼン)はリーグ戦で、2012年(昨季後半戦+今季前半戦)を通して延べ25得点を挙げ、最多得点者となる。
• バイエルンのMFシャキリがブンデスリーガ初ゴール。
• MF乾貴士(アイントラハト・フランクフルト)は今季5得点目を決めた。
• マインツのMFニコライ・ミュラーは初の1試合2得点。
• フュルトが試合開始15分以内に失点したのは今季7回目。リーグ最多。
• 乾の同僚、MFアレクサンダー・マイヤーが今季11ゴール目。同選手自身の新記録(これまではシーズン10ゴールが最高)。

その他


• ホッフェンハイムは前半戦勝ち点わずか12。アウクスブルクとフュルトのおかげで運良く最下位を逃れている(これまでホッフェンハイムは最低でも前半戦で勝ち点22は獲得していた)。
• 前半戦最終節では、リーグ新記録となる5枚のレッドカードが出された。
• バイエルンはメンヘングラートバッハとの引き分けたため、ブンデスリーガ史上ベストとなる前半戦成績を収められず。勝利ならば史上ベストのはずだった。2005/06シーズンにバイエルンは前半戦だけで勝ち点44を獲得し記録を達成した。
• ハノーファーは今季前半戦、昨シーズン前半戦の黒星(4敗)の倍となる8敗を喫したが、それでも同数の勝ち点23を獲得。
• フュルト対アウクスブルクは、今シーズンのリーグ最少観客数(16340)を記録した。
• フランクフルトは今季9勝目を挙げ、勝ち点30を獲得。これは1993/94シーズン以来、19年ぶりの前半戦最高成績。
• MF長谷部誠(ウォルフスブルク)は自身初のリーグ戦9試合連続先発出場。
• FWフンテラー(シャルケ)とFWローゼンタール(フライブルク)が退場処分を受けたが、いずれもブンデスリーガでは初めて。
• ローレンツギュンター・ケストナー監督は、ブンデスリーガの試合の監督として50敗目を喫した。