ブンデスリーガ、マインツのGKクリスティアン・ベトクロが、2試合の出場停止処分を受けたため年内のリーグ戦出場はなくなった。

ベトクロは1日、ホームで行われたハノーファー戦で退場処分を受けた。ドイツサッカー連盟(DFB)は3日、処分と出場停止となる試合数を発表した。

2試合の出場停止は、GKがペナルティエリア外で犯した故意のハンドに対する一般的な処分。これを受けてマインツは、DFB監理委員会の処分を受け入れる方針だ。