左膝軟骨損傷、遅くとも8日には復帰

ブンデスリーガ、ニュルンベルクのディーター・ヘッキンク監督が3日、左膝軟骨損傷のため手術を受けた。クラブ発表によれば、手術はアウクスブルクのヘッシンクパーク・クリニックで膝のけがの専門家であるウルリヒ・ベーニッシュ博士によって行われ、無事成功した。

同監督はそもそも冬季のリーグ中断期間まで手術を待つつもりだったが、痛みと腫れが続いたために時期を早めた。遅くとも8日のデュッセルドルフ戦にはピッチ脇に復帰するという。