ブンデスリーガ2部のヤーン・レーゲンスブルクは11月4日、成績不振によるコロチャーノ監督の解任を発表した。

クラブのウルリヒ・ウェーバー会長は、「最近の不調を見るに見かね、コロチャーノ監督の解任に踏み切った。執行役会、監査役会、ゼネラルマネジャーの合意のもとに決断した」との談話を発表した。

スポーツディレクターのフランツ・ゲアバー氏が暫定的にチームの指揮を執る。クラブは冬季の中断期間中に、正式な新監督を決定する意向だ。