ブンデスリーガ2部のザンクトパウリは10月3日、アンドレ・シューベルト前監督の後任としてミヒャエル・フロンツェク氏の監督就任を発表した。

契約は2014年までの2年間。48歳のフロンツェク氏は、9月26日に解任されたシューベルト前監督に代わり現在15位と不調のチームを率いる。

5日のウニオン・ベルリン戦ではトーマス・メグレ、ティモ・シュルツ、マティアス・ハインのコーチ陣が暫定的にチームの指揮を執る。翌6日にフロンツェク氏が監督に就任する予定。