ブンデスリーガ2部のインゴルシュタットに所属するMFユミト・コークマスが、11月17日のアイントラハト・ブラウンシュバイク戦で負傷し、70分に退場を余儀なくされた。

27歳のコークマスはこの試合でファウルを受け、足首の関節を負傷して途中交代。コークマスは後半からMFアルパー・ウルダグに代わって投入されていた。19日には靭帯、関節部の複雑な故障であることが判明。コークマスは20日に専門医による検査を受ける、とクラブは発表した。