エネルギー・コトブスのGKキルシュバウムとFWゼーレンゼンがいずれも腰の痛みを訴えている。

12月3日、本拠地にヘルタ・ベルリンを迎えた試合で守護神キルシュバウムが腰を痛めた。その後トレーニングにはすべて参加しているものの、地面に身を投げ出す際には痛みを訴えている。またFWゼーレンゼンは腰から太ももにかけての筋肉が硬くなっているとのことだが、治療を経て9日の試合には間に合う見込みだ。