Summary

  • ドルトムント香川が第27節のMVP候補に
  • ハンブルガーSV戦で1ゴール1アシストの活躍
  • ツイッター(独語版)にてユーザー投票を受付中

4月4日、5日に行われたブンデスリーガ第27節のMVP候補4選手が発表され、ドルトムントの香川真司が今季初めてノミネートされた。

4日のハンブルガーSV戦に先発した香川は、チームの全得点に絡む今季ベストパフォーマンスで3ー0の快勝に貢献。前半に先制点につながるFKを獲得すると、81分に待望の今季リーグ戦初ゴールをマーク。さらに後半アディショナルタイムにはピエールエメリック・オバメヤンのダメ押し弾をアシストした。

香川のほかには、シャルケ戦で1ゴール1アシストを記録したマックス・クルーゼ(ブレーメン)、バイエルン・ミュンヘン戦で決勝点を挙げたアンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム)、ダルムシュタット戦で1ゴール1アシストのケビン・フォラント(レーバークーゼン)がノミネートされている。

投票はブンデスリーガの公式ツイッター独語版で、6日24時(日本時間)まで受付中