Summary

  • ブンデスリーガ第1節、バイエルン対レーバークーゼン
  • 開幕節では過去に4度対戦してバイエルンの3勝1分け
  • バイエルンは4年連続でシーズンファーストゴールを記録中

2017/18シーズンの開幕戦に登場するのは、6連覇を狙う王者バイエルン・ミュンヘンと、ハイコ・ヘルリッヒ新監督を迎えたレーバークーゼン。過去の対戦データではバイエルンの圧倒的有利だが、昨季の低迷から巻き返しを図るレーバークーゼンは王者にひと泡吹かせることができるか。

対戦データ&トリビア

  • 今季のオープニングマッチが行われる8月18日は、ロシア・ワールドカップ開幕のちょうど300日前。ブンデスリーガの熱い戦いとともに、W杯出場を目指す選手たちのアピール合戦にも注目
  • バイエルンは現在、4年連続でブンデスリーガのシーズンファーストゴールを挙げている。これまで通算「12」回はリーグ最多
  • バイエルンとレーバークーゼンが開幕節で対戦するのは通算5度目。過去4試合はバイエルンが3勝1分けと圧倒している
  • レーバークーゼンは2009/10シーズン以降、バイエルンとの16度の対戦のうち9試合で勝ち点を手にしている(3勝6分け7敗)
  • 昨季12位のレーバークーゼンは8シーズンぶりに国内戦のみのシーズンを戦う。なお、前回欧州カップ戦に出場しなかった2009/10シーズンは、リーグ戦で4位に食い込んで再び欧州行きの切符を手にした
  • レーバークーゼンのヘルリッヒ監督が2015/16シーズンに率いていたのは当時4部のヤーン・レーゲンスブルク。わずか20カ月で4部からブンデスリーガまで上り詰めたことになる
  • 昨季のバイエルンの最終勝ち点は「82」。一昨季の「88」には届かなかったが、ブンデスリーガ史上4番目の好成績だった
  • バイエルンのロベルト・レバンドフスキは対レーバークーゼン戦12試合でわずか2ゴール。バイエルン加入後はいまだノーゴールが続いている
  • スベン&ラースの“ベンダー・ツインズ”がレーバークーゼンで再会を果たした。1860ミュンヘンに所属していた2008/09シーズン以来、8年ぶりに同じクラブのユニフォームを着てピッチに立つ

予想ラインナップ

バイエルン・ミュンヘン(4ー2ー3ー1)
ウルライヒ;キミッヒ、ズューレ、フメルス、アラバ;トリッソ、ルディ;ロッベン、ミュラー、リベリ;レバンドフスキ

レーバークーゼン(4ー2ー3ー1)
レノ;ヘンリクス、ター、S・ベンダー、ウェンデル;コア、アランギス;ベララビ、カンプル、メーメディ;フォラント