Summary

・長谷部のフランクフルト、来夏合宿地を米国に

・現地ではMLS所属3クラブとテストマッチが行われる

・期間は7月6~18日

長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトは2月15日、来シーズン開幕前のキャンプ地を米国に決定したことを発表した。期間は7月6~18日となっている。

現地でのテストマッチは、メジャーリーグサッカー(MLS)所属クラブと計3試合が行われる予定で、同8日にシアトル・サウンダーズ、同14日にサンノゼ・アースクエイクス、そして合宿最終日の前日にはコロンバス・クルーと対戦する。

米国を合宿地に選んだ理由についてフランクフルトのフレディ・ボビッチ取締役は「MLSは3月に開幕するため、その時期の彼ら3チームのコンディションは完全に整っており、理想的なテストマッチとなります。さらに、合宿を行うための環境も米国はしっかりと揃っていますからね」と語っている。