Summary

  • 長谷部と鎌田のフランクフルトが始動
  • 3月に右ひざを手術した長谷部も練習参加

長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトは7月1日、2017/18シーズン開幕に向けて始動した。

3月に右ひざを手術した長谷部も元気な姿を見せ、ランニングやボールを使ったトレーニングにも参加。練習後に行われた会見でニコ・コバチ監督は、「再びシーズンが始まってうれしいです。新加入選手の第一印象も良かったですね。マーク・ステンデラと長谷部は順調に回復しているので、徐々に負荷を高めていく予定です」と話し、「移籍市場にはまだ目を向けています。この先何が起こるかはまだ分かりません」と、さらなる補強の可能性も示唆した。