Summary

  • フランクフルトの長谷部誠が前節、ブンデスリーガ224試合目に出場
  • 日本人のブンデスリーガ最多出場記録は奥寺康彦氏の234試合
  • 長谷部はあと10試合で奥寺氏の記録に並ぶ

アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠は11月26日、第12節ドルトムント戦(2ー1)でブンデスリーガ224試合目の出場を果たした。

現在まで計27人の日本人選手がブンデスリーガに出場したが、第一人者である奥寺康彦氏はケルン(1977-80)とブレーメン(1981-86)で234試合に出場。これがブンデスリーガの日本人選手最多出場記録となっている。30年間破られることのなかった大記録に長谷部はあと10試合で並ぶことになる。

「長谷部のブンデスリーガでの軌跡」へ

ブンデスリーガ日本人選手出場数(2016年11月27日現在)

     名前    出場数      
     奥寺康彦    234      
     長谷部誠    224      
     高原直泰    135      
     岡崎慎司    128      
     酒井高徳    121      
     清武弘嗣    117      
     香川真司    112      
     内田篤人    104      
     細貝萌    102      
     酒井宏樹    92      
     乾貴士    75      
     原口元気    65      
     大迫勇也    65      
     尾崎加寿夫    62      
     稲本潤一    43      
     小野伸二    29      
     宇佐美貴史    25      
     武藤嘉紀    23      
     矢野貴章    15      
     長澤和輝    11      
     大久保嘉人    9      
     槙野智章    8      
     大前元紀    7      
     山口蛍    6      
     金崎夢生    4      
     大津祐樹    3      
     丸岡満    1