Summary

  • 酒井所属のハンブルク、FWウッドと契約延長
  • 2021年6月30日まで

酒井高徳が所属するハンブルガーSVは6月24日、ボビー・ウッドとの契約を2021年まで延長したと発表した。

ハンブルクのスポーツディレクター、イェンズ・トート氏は「ボビーは若く、モダンなFWで、昨夏2部からの移籍にも関わらず、瞬く間にブンデスリーガに適応してくれました。ゴールという武器だけでなく、走ることや試合に向けた準備も素晴らしいものがあります。ボビーは攻撃の要であり、そして完璧なチームプレーヤーです。我々にとって重要な選手である彼との契約を延長できたことは本当にうれしいですね」とコメントしている。

日系米国人のウッドは2016/17シーズン夏に2部ウニオン・ベルリンからハンブルクへ移籍。今季ブンデスリーガ28試合出場、5ゴール2アシストの成績を残した。また米国代表としてもこれまで30試合出場8ゴールを記録している。