Summary

  • “ジョーカーゴール”の歴代トップ10動画
  • 途中出場でハットトリックを達成した名手たちを振り返る

昨シーズン、バイエルン・ミュンヘンに所属するロベルト・レバンドフスキが、ウォルフスブルク戦の後半開始から投入され、たった9分間で5ゴールを決めたことは記憶に新しい。

今季もレーバークーゼンのジョエル・ポーヤンパロが途中出場からハットトリックを決め、またフライブルクのニールス・ペーターセンが試合途中からの出場ながら5得点を奪うなど、“ジョーカー”たちの活躍が目立つシーズンとなっている。

そこで本稿では、これまでのブンデスリーガで誕生した「途中出場からハットトリック」をランキング形式で下記に紹介していきたい。

※音声、字幕は英語