Summary

  • ライプツィヒで次々と台頭する若い力
  • 第2節のフライブルク戦では若手の活躍で4ー1の大勝
  • 新戦力のブルマ、オギュスタン、ライマーが存在感を示す

2016/17シーズンのライプツィヒの大躍進は若手プレーヤーの活躍なしにはあり得なかった。そして2017/18シーズン、4ー1で圧勝したブンデスリーガ第2節のフライブルク戦で、ライプツィヒに新たな若い力が台頭していることが明らかになった。

フライブルク戦におけるライプツィヒのスターティングメンバーの平均年齢は23歳をわずかに上回っただけだった。27歳のGKペーター・グラシが最年長。最年少は18歳のセンターバック、ダヨ・ウパメカノだった。若い選手が伸びやかに活躍する姿は、ライプツィヒがブンデスリーガデビューを飾った昨季から何度も目にしてきた光景だ。昨季はティモ・ウェアナー(21)、ナビ・ケイタ(22)、ウィリー・オーバン(24)、エミル・フォースベルク(25)らがチームをけん引し、誰も予想していなかった2位という好成績でシーズンを終えている。

新シーズンを前にしても、ライプツィヒがチームのDNAを大きく変えることはなかった。8月にはオーバンを新キャプテンに任命し、若くてもリーダーシップが取れるというクラブ哲学を強調した。補強面では20歳前後の新戦力を6名獲得。イボン・ムボゴ(23)、フィリップ・ケーン(19)、イブラヒマ・コナテ(18)、コンラート・ライマー(20)、ブルマ(22)、ジャンケビン・オギュスタン(20)が加わり、ここまでチームにうまく順応している。中でもポルトガル人ウインガーのブルマ、フランス人ストライカーのオギュスタン、オーストリア人MFのライマーの3人は、早くも能力を示すチャンスを得ている。

早くも存在感を示す3人の若手有望株

6月にトルコのガラタサライから加入したブルマは、昨季のトルコリーグで11ゴール6アシストと素晴らしいシーズンを送っていた。2014/15シーズンには国内二冠に輝き、Uー21ポルトガル代表の一員としても活躍。技術とスピードに優れ、非凡な得点力を備えている。

フライブルク戦の78分に途中出場を果たすと、わずか2分後にブンデスリーガ初ゴールをマーク。マーセル・ハルステンベアクの頭での落としを反転しながら右足ボレーで叩き込み、文字どおり相手にとどめを刺した。

オギュスタンは2016年にUー19フランス代表として欧州王者に輝いたこともある有望株。昨季はパリ・サンジェルマンで公式戦13試合の出場にとどまり、活躍の場を求めてライプツィヒへの移籍を決意した。

パワフルでスピードがあり、トリッキーなプレーも得意とするオギュスタンは、レッドブル・アレーナでもすぐに人気者となりそうだ。フライブルク戦では得点者の欄に名前を載せることはできなかったが、チームの2点目と3点目をアシストしてブルマを上回るインパクトを残している。

守備的MFのライマーはレッドブル・ザルツブルクで3シーズン連続で国内二冠を達成。2016/17シーズンにはオーストリア・ブンデスリーガの最優秀選手にも選ばれた逸材だ。

中盤全域をエネルギッシュにカバーできるだけでなく、イエローカード10枚という昨季の成績が示すように、相手選手にタックルを仕掛けることを恐れない。また、ポジショニングセンスに優れ、ケイタの相棒役としてライプツィヒの中盤に絶妙なバランスをもたらしている。特に相手に引いて守られたシャルケ戦のようなケースではライマーのインテリジェンスが役に立つだろう。

新戦力の活躍で2年連続のサプライズへ

フライブルク戦の戦いぶりを見る限り、0ー2で敗れたシャルケとの開幕戦が若いチームにとっていい授業になったようだ。これまで先制点を奪われた試合で7連敗を喫していたが、それにようやく終止符を打つことができたのもチームが進歩している証だろう。

今季は欧州チャンピオンズリーグ(CL)での戦いがあり、昨季と同様の偉業を達成するには何か“特別なもの”が必要になる。しかし、昨季のライプツィヒは「経験の浅い選手では何も勝ち取れない」という理論が間違っていることを証明した。野心を持ってライプツィヒに加わった選手たちは、成功への飽くなき欲望をさらにかき立てるに違いない。

9月にはブンデスリーガの3試合に加え、フランス王者モナコ、トルコ王者ベシクタシュとのCL2試合も控えている。この5試合で彼らの真の実力が見えてくるはずだが、現時点で一つだけ確かなのは、今季もライプツィヒの若手選手は侮れないということだ。