Summary

  • ブンデスリーガ第34節、ケルンとマインツが対戦
  • このカードではホームチームが負けたことがない
  • ケルンは勝てばEL出場権獲得の可能性あり

7位のケルンが欧州リーグ(EL)出場権を手にするためには、まず最終節でマインツに勝つことが条件。このカードは極端なまでにホームチームの成績が良く、ケルンには十分にチャンスがありそうだ。ケルンの大迫勇也は先発予想、マインツの武藤嘉紀はベンチスタートが予想されている。

対戦トリビア

  • ケルンは勝利した上で5位ヘルタ・ベルリン(勝ち点3差)が敗れるか、6位フライブルク(勝ち点2差)が引き分け以下になれば、四半世紀ぶりの欧州カップ戦出場が決まる
  • ケルンのアントニー・モデステはチームが勝利した11試合のうち10試合で得点を挙げている
  • モデステはチーム総得点49のうち51%にあたる25得点を決めている。一人の選手にこれほど得点を依存するのは、ブンデスリーガでも過去に2例しかない。2010/11シーズンにフライブルクのパピス・シセがチーム総得点41のうち22得点(54%)、同シーズンにアイントラハト・フランクフルトのテオファニス・ゲカスが総得点31のうち16得点(52%)を決めた
  • ケルンが8位以内でシーズンを終えたのは過去25年で1991/92シーズン(4位)のみ
  • ケルンの欧州カップ戦出場は1992/93シーズンのUEFAカップ(現EL)が最後。その時はセルティック(スコットランド)に敗れて第1ラウンドで敗退した
  • マインツは前節のフランクフルト戦に勝利し、事実上の残留が確定。最終節で10点差以上で敗れなければ16位に落ちることはない
  • マインツの今季16敗は2006/07シーズンと並ぶクラブワースト記録。ケルンに敗れると不名誉な記録を樹立することになる
  • ケルンのクロス本数はリーグ12位の258本だが、そのクロスからリーグ最多の14得点を挙げている。なお、そのうち8得点はモデステが決めたもの
  • マインツはセットプレーからリーグ最多の20得点を挙げている。20得点はクラブ記録

歴史的なデータ

  • 同カードでは過去13度の対戦でホームチームが負けたことがない(9勝4分け)。また、その13試合のうち9試合はアウェーチームが無得点に終わっている
  • ケルンはホームのマインツ戦で3連勝スタートを飾ったが、その後の3試合は引き分けている
  • ケルンにとってマインツは初対戦からホームで最も長く無敗を守っている相手
  • マインツはケルン戦13試合のうち7試合でクリーンシートを記録している
  • マインツはケルンの敵地で公式戦11試合を戦っているが、白星を持ち帰ったのは2003年3月の1試合のみ(スコアは4ー1)
  • ケルン守護神ティモ・ホーンはマインツ戦で無敗。ゴールマウスに立った3試合のうち2試合で完封している
  • ケルンのホーム最大得点差勝利:4-2(2011年2月13日)
  • マインツのアウェー最高成績:未勝利
  • 歴代最多観客数:5万人(2005年8月6日)

予想ラインナップ

ケルン(4ー3ー2ー1)
ホーン;クリュンター、ソーレンセン、ズボティッチ、ハインツ;ヨイッチ、レーマン、ヘクター;大迫、ビッテンクールト;モデステ

マインツ(4ー2ー3ー1)
フート;ドナティ、ベル、バンガート、ブロジンスキ;グバミン、ラッツァ;オストゥナリ、ボージャン、ハイロ;コルドバ