Summary

  • ブンデスリーガ第34節、ドルトムントとブレーメンが対戦
  • ドルトムントは勝てばCLストレートインがほぼ確定
  • ブレーメンも勝てばEL出場権獲得の可能性あり

前節の引き分けで4位ホッフェンハイムに勝ち点で並ばれたドルトムントは、無敗の続くホームに8位のブレーメンを迎えて3位フィニッシュを目指す。快進撃から一転、直近は2連敗と急ブレーキのブレーメンは欧州リーグ出場権獲得のラストチャンスに賭ける。

対戦トリビア

  • ドルトムントはトーマス・トゥヘル監督の就任以降、リーグ戦でホーム無敗をキープ。最終節は2シーズン連続のホーム無敗達成に挑む
  • ブレーメンが勝ち点「45」に到達したのは2009/10シーズン以来
  • ブレーメンの総失点「60」はハンブルガーSVと並んでリーグワースト2位(リーグワーストは最下位ダルムシュタットの「61」)
  • ブレーメンが2シーズン連続で60失点以上喫するのはクラブ史上5回目
  • 今季ブレーメンが絡んだ試合で生まれたゴールはリーグ最多の「118」。一方、ドルトムントが絡んだ試合もリーグ3位の「105」ゴールが生まれている
  • ドルトムントは対ブレーメン戦4連勝中。直近11試合で10勝を挙げている。さらにホームゲームに限ると9連勝中
  • ブレーメンにとって敵地でのドルトムント戦は、最も長く勝ち点を獲得できていないカード
  • ドルトムントはホームのブレーメン戦で対戦相手別2位の30勝を挙げている(1位はフランクフルト戦の31勝)
  • ドルトムント対ブレーメンのカードは15試合連続でチケットが完売している

歴史的なデータ

  • 通算対戦成績はドルトムントが41勝16分け40敗でわずかに勝ち越している
  • ドルトムントの対ブレーメン戦41勝はフランクフルト戦の42勝に次いで多い。一方で、対ブレーメン戦40敗はバイエルン・ミュンヘン戦の43敗に次いで多い
  • ドルトムントはブレーメンとの直近8試合で23ゴールを挙げている
  • 同カードは2009年11月の引き分け(1ー1)を最後に14試合連続で決着がついている
  • トゥヘル監督はブレーメン相手に5連勝中。そのすべての試合で複数ゴールを挙げている
  • ドルトムントのマーコ・ロイスは対ブレーメン戦13試合で8ゴール8アシスト
  • ドルトムントのホーム最大得点差勝利:5ー0(1980年2月2日)
  • ブレーメンのアウェー最高成績:5ー1(1971年9月4日)
  • 歴代最多観客数:8万1359人(2016年4月2日)

予想ラインナップ

ドルトムント(4ー2ー3ー1)
ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、バルトラ、シュメルツァー;シャヒン、カストロ;デンベレ、香川、ロイス;オバメヤン

ブレーメン(3ー5ー2)
ビートバルト;ベリコビッチ、サネ、モイサンデル;ゲーブレセーラシ、ユヌゾビッチ、エゲシュタイン、デラネイ、ガルシア;クルーゼ、バーテルス