Summary

  • ブンデスリーガ第34節、バイエルンとフライブルクが対戦
  • フライブルクは敵地のバイエルン戦で16戦未勝利
  • フライブルクが勝てば来季のEL出場権が確定

バイエルン・ミュンヘンは今季終了後の現役引退を表明しているフィリップ・ラームとシャビ・アロンソを勝利で送り出すべく、シーズン最終戦での必勝を期す。対するフライブルクは勝てば来季の欧州リーグ(EL)出場が確定。最難関の地で3ポイント獲得を目指す。

対戦トリビア

  • バイエルンは昇格チーム相手に28連勝中。ただし、前節のライプツィヒ戦(5ー4)、第17節のフライブルク戦(2ー1)と、最近の2試合はいずれも辛勝だった(終了間際に勝ち越し)
  • 第33節終了時点でバイエルンの成績は24勝7分け2敗。最終節を勝って終えれは歴代4位の好成績となる
  • 現在6位のフライブルクは自力でのEL出場権獲得が可能
  • フライブルクがEL出場を決めれば、ブンデスリーガ史上初の「昇格2チームが欧州カップ戦出場権獲得」の快挙が成される(ライプツィヒはすでにCL出場を決定)
  • 得点ランキングトップのロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)は、5シーズン連続でリーグ最終節に得点中。1点差で2位につけるピエールエメリック・オバメヤン(ドルトムント)からの逃げ切りを図る
  • レバンドフスキはここまで自己最多タイの30ゴール。あと1点で自己ベストと外国籍選手のシーズン最多得点記録を更新する
  • 現役ラストマッチとなるラームは、これまで公式戦700試合以上に出場し、22個のタイトルを獲得している
  • 今季のバイエルンは90分以降に計9ゴールを記録。この9ゴールによって勝ち点「8」を上積みしている
  • フライブルクは今季リーグNo.1の走行距離を記録。また、チームの総得点41のうち28得点をFWの選手が挙げている

歴史的なデータ

  • フライブルクは敵地でバイエルンと16度対戦していまだ勝ちなし(2分け14敗)。特に直近12試合は得点「5」、失点「35」と一方的にやられている
  • バイエルンが直近のフライブルク戦25試合で無得点だったのは、スコアレスドローに終わった2012年2月の1試合のみ
  • レバンドフスキはフライブルク戦10試合で5度のドッペルパック(1試合2得点)を含む12ゴールを挙げている
  • バイエルンのフランク・リベリはフライブルク戦8試合で3ゴール5アシストを記録。チームの戦績も6勝2分けと負け知らず
  • フライブルクは2011年9月のバイエルン戦でクラブワーストとなる0ー7の大敗を喫している
  • フライブルクはクリスティアン・シュトライヒ監督の就任以降、バイエルンと8度対戦して1勝2分け5敗と3試合で勝ち点を手にしている。今季前半戦の対決でも敗れたとはいえ、後半アディショナルタイムまで1ー1と善戦した
  • バイエルンのホーム最大得点差勝利:7-0(2011年9月10日)
  • フライブルクのアウェー最高成績:未勝利
  • 歴代最多観客数:7万1000人(※過去3度あり、直近は2014年12月16日)

予想ラインナップ

バイエルン・ミュンヘン(4ー2ー3ー1)
シュターケ;ラーム、ボアテング、フメルス、アラバ;シャビ・アロンソ、ビダル;ロッベン、ミュラー、リベリ、レバンドフスキ

フライブルク(4ー4ー2)
シュボロー;イグニョフスキ、グルデ、ケンプフ、ギュンター;ハーベラー、ヘーフラー、フランツ、グリフォ;フィリップ、ニーダーレヒナー