Summary

  • ブンデスリーガ第33節、アウクスブルクとドルトムントが対戦
  • 通算対戦成績はドルトムントの7勝3分け1敗
  • アウクスブルクは特定の条件下で残留決定の可能性も

残留の確定まであと一歩に迫った13位アウクスブルクが、3位死守を目指すドルトムントをホームに迎える。宇佐美貴史、香川真司の日本人対決は実現するか。

対戦トリビア

  • アウクスブルクは前節、後半アディショナルタイムに追いつかれてボルシアMGと引き分け。もし逃げ切っていれば残留はほぼ確実になっていた
  • 今節で14位のウォルフスブルクが敗れ、かつ16位のハンブルガーSVが引き分け以下の場合、アウクスブルクは勝ち点1以上獲得で残留が確定する
  • アウクスブルクのハリル・アルティントップはブンデスリーガ通算350試合出場まであと1試合。外国籍選手ではブレーメンのクラウディオ・ピサロ(430試合)、シャルケやヘルタ・ベルリンで活躍したレバン・コビアシビリ(351試合)に続く快挙
  • アウクスブルクはドルトムントにホームで勝ったことがない(1分け4敗)
  • ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督はアウクスブルクのユース出身。同クラブでユースアカデミーの責任者を務めたこともある
  • ドルトムントのマーコ・ロイスは対アウクスブルク戦8試合で9ゴールを決めている
  • ドルトムントのゴンザロ・カストロは累積警告により出場停止

歴史的なデータ

  • アウクスブルクはドルトムント戦で通算7敗。バイエルン・ミュンヘン戦(通算10敗)、レーバークーゼン戦(通算8敗)に次いで黒星が多い
  • アウクスブルクはリーグ戦で4点差以上の大敗を5回経験しているが、そのうちの3回はドルトムント戦(0-4が2回、1-5が1回)。ドルトムントには11試合で29ゴールを奪われている
  • ドルトムントは2015年2月のホームゲームで一度だけアウクスブルクに敗れている
  • ドルトムントのピエールエメリック・オバメヤンは、2013年のアウクスブルク戦でブンデスリーガデビューを飾り、いきなりハットトリックを達成
  • オバメヤンは2015年のアウクスブルク戦でもハットトリックを達成している
  • ドルトムントのマティアス・ギンターは、フライブルク時代の2012年1月にアウクスブルク戦でブンデスリーガデビューを飾り、オバメヤンと同様にデビュー戦でゴールを決めている
  • アウクスブルクのホーム最大得点差勝利:未勝利
  • ドルトムントのアウェー最高成績:0-4(2013年8月10日)
  • 歴代最多観客数:3万660人(※過去3度あり、直近は2016年3月20日)

予想ラインナップ

アウクスブルク(4ー2ー3ー1)
ヒッツ;フェアハーク、グーベレーウ、ヒンテレッガー、スタフィリディス;コア、バイヤー;シュミード、アルティントップ、マックス;フィンボガソン

ドルトムント(3ー4ー3)
ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、ベンダー;プリシッチ、ワイグル、ゲレイロ、シュメルツァー;デンベレ、オバメヤン、ロイス