Summary

  • ブンデスリーガ第32節、ヘルタとライプツィヒが対戦
  • 前回対戦ではライプツィヒが2ー0で完勝
  • ヘルタは今季のホームゲームで12勝1分け2敗

アウェー9連敗中ながらホームでは別人の強さを誇るヘルタ・ベルリンが、オリンピア・シュターディオンに2位ライプツィヒを迎える。ヘルタの原口元気は先発が予想されている。

対戦トリビア

  • ライプツィヒは1997/98シーズンのカイザースラウテルン以来となる昇格チームの欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて邁進中
  • ヘルタがブンデスリーガの試合でホームにザクセン州のチームを迎えるのは初めて(過去にディナモ・ドレスデン、VfBライプツィヒがブンデスリーガを戦っているが、その時ヘルタは2部にいた)
  • ライプツィヒは現在6試合無敗中(4勝2分け)
  • ライプツィヒは1965/66シーズンにバイエルンが記録した昇格チームのシーズン最多勝利(20勝)にあと1勝と迫っている
  • ヘルタは今季の総勝ち点「46」の80%にあたる「37」をホームで稼いでいる
  • ヘルタは今季のホームゲーム15試合のうち14試合で先制に成功している
  • ヘルタは後半戦に入って自軍のボールロストから6失点を喫している
  • ライプツィヒのラルフ・ハーゼンヒュットル監督はオリンピア・シュターディオンで指揮を執った過去2試合はいずれも敗れている

歴史的なデータ

  • 前回対戦ではライプツィヒが2ー0。ヘルタに3本のシュートしか許さない完勝だった
  • ヘルタのミッチェル・ワイザーは前回のライプツィヒ戦で開始11分に負傷し、長期離脱を強いられた
  • ヘルタのベダド・イビシェビッチはライプツィヒを除くブンデスリーガの17クラブからゴールを決めており、今節ゴールを決めれば全クラブ制覇となる
  • ライプツィヒのマービン・コンペアの唯一のドイツ代表キャップは、オリンピア・シュターディオンで行われた2008年11月のイングランド戦だった

予想ラインナップ

ヘルタ・ベルリン(4ー2ー3ー1)
ヤルステイン;ペカリク、ラングカンプ、トルナリガ、ミッテルシュテット;ダリダ、シェルブレッド;原口、シュトッカー、カルー;イビシェビッチ

ライプツィヒ(4ー4ー2)
グラシ;ベルナルド、ウパメカノ、コンペア、ハルステンベアク;ザビッツァー、ケイタ、デメ、フォースベルク;ウェアナー、パウルゼン