Summary

  • ブンデスリーガ第32節、ドルトムントとホッフェンハイムが対戦
  • 公式戦通算対戦成績はドルトムントの8勝7分け4敗
  • 両者のシーズン後半戦の成績は勝ち点、得失点ともに全く同じ

今節の最注目カードは欧州チャンピオンズリーグ(CL)本戦出場権を懸けた4位ドルトムントと3位ホッフェンハイムの直接対決。ドルトムントの香川真司は2試合連続の先発が予想されている。

対戦トリビア

  • 今季両チームが3位以内に入っていた回数はドルトムントが10回、ホッフェンハイムは9回
  • 両チームの後半戦の成績は「勝ち点27」、「28得点」、「15失点」と全く同じ
  • 両チームの成績は似通っているが、ドルトムントが今季すでに公式戦48試合をこなしているのに対して、ホッフェンハイムは34試合にとどまる
  • ホッフェンハイムは前節のアイントラハト・フランクフルト戦に勝利して、勝ち点をクラブ記録の「58」まで伸ばした
  • ドルトムントは前節のケルン戦でスコレスドロー。年明けから続いていたホームの連勝が「6」でストップした
  • ホッフェンハイムの今季3敗はいずれも敵地で喫したもの。直近のアウェー7試合はわずか1勝にとどまる
  • ホッフェンハイムはユリアン・ナーゲルスマン監督の就任以降、ドルトムントと2度対戦していずれも先制に成功。しかし、その結果は1分け1敗
  • ドルトムントのミドルシュートによる得点は今季わずか3ゴール。対するホッフェンハイムはアンドレイ・クラマリッチ、マーク・ウト、ケレム・デミルバイがそれぞれミドルシュートで3ゴールずつを記録している
  • ドルトムントはバイエルン、ライプツィヒをホームに迎えた大一番をいずれもピエールエメリック・オバメヤンの決勝点でモノにしている。ホッフェンハイム戦の結果はいかに?

歴史的なデータ

  • ドルトムントはホッフェンハイム相手に公式戦8戦無敗中(ホーム4勝、アウェー4分け)
  • 両チームは2012/13シーズンの最終節でも対戦し、その時はホッフェンハイムが敵地で2ー1の勝利。昇降格プレーオフに回る16位に滑り込んでいる
  • ドルトムントはホッフェンハイム戦で11試合連続ゴール中
  • ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督はホッフェンハイム戦で対戦相手別最多の7勝を挙げている。過去13回の対戦で負けたのはマインツ時代の一度だけ
  • ドルトムントのオバメヤンとマティアス・ギンターはホッフェンハイム戦で7戦無敗
  • 公式戦19度の対戦でPK判定は5回(ドルトムント2回、ホッフェンハイム3回)、退場処分は7回(ドルトムント3回、ホッフェンハイム4回)。なお、ホッフェンハイムがリーグ戦で4度の退場処分を受けているのはドルトムント戦のみ
  • ドルトムントのホーム最大得点差勝利:3ー1(2016年2月28日)
  • ドルトムントのアウェー最高成績:2ー1(2013年5月18日)
  • 歴代最多観客数:8万1359人(2016年2月28日)

予想ラインナップ

ドルトムント(4ー2ー3ー1)
ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、ベンダー、シュメルツァー;ワイグル、ゲレイロ;デンベレ、香川、ロイス;オバメヤン

ホッフェンハイム(3ー5ー2)
バウマン;ズューレ、フォークト、ヒュープナー;カデラベク、デミルバイ、ルディ、トーリヤン、ツバー;ワーグナー、クラマリッチ