Summary

  • ブンデスリーガ第32節、バイエルンとダルムシュタットが対戦
  • 公式戦の通算成績はバイエルンの7勝1分け
  • ダルムシュタットはクラブ史上初のリーグ戦3連勝中

史上初のリーグ5連覇を成し遂げたバイエルン・ミュンヘンがホームに凱旋。最下位のダルムシュタットはクラブ史上初の3連勝で「引き分け以下で降格」のピンチを2週連続で切り抜けているが、王者が直々に引導を渡すことになるか。

対戦トリビア

  • 今季のチーム総得点はバイエルンがリーグトップの「79」を記録しているのに対し、ダルムシュタットはリーグワーストの「26」
  • バイエルンのロベルト・レバンドフスキはここまで28ゴールを記録。一人でダルムシュタットの総得点を超えている
  • 直近の3試合に限ると、ダルムシュタットが最大の勝ち点「9」を手にしているのに対し、バイエルンの勝ち点は「5」にとどまる
  • 首位チームが最下位チームをホームに迎えるケースは過去に37戦あるが、首位チームが敗れる番狂わせが一度だけ起きている(1996年1月にザールブリュッケンがケルンに勝利)
  • ダルムシュタットはバイエルンとリーグ戦で7度対戦しているが、初対決となった1978年11月に引き分けて以降は6戦全敗
  • レバンドフスキは前節のウォルフスブルク戦で2ゴール。ゲルト・ミュラー以来となるシーズン10度目の1試合複数得点を記録した
  • ダルムシュタットは4戦連続2得点以上を記録中。今節はクラブ初の5戦連続複数得点に挑む
  • ダルムシュタットは第30節までヘディングによる得点がわずか2点だったが、フライブルクと対戦した前節は1試合で2つのヘディングゴールを決めた。なお、意外なことにバイエルンは今季ヘディングで得点を挙げていない唯一のチーム
  • ダルムシュタットのハミト・アルティントップは2011年6月までバイエルンに在籍。リーグ戦63試合に出場して7ゴール10アシストを記録している。なお、今回は初の古巣対戦

歴史的なデータ

  • ダルムシュタットはバイエルン相手に公式戦7連敗中
  • ブンデスリーガの過去7度の対戦で3度のPK判定があったが、PKをもらったのはすべてバイエルン。キッカーはいずれもパウル・ブライトナーが務めて2度成功させている
  • バイエルンはホームでのダルムシュタット戦4試合ですべて完封勝ち
  • バイエルンのキングスレイ・コマンは2015年9月のダルムシュタット戦でブンデスリーガ初ゴールを挙げている
  • アルティントップとシャビ・アロンソは2011/12シーズンにレアル・マドリード(スペイン)でチームメートだった
  • バイエルンのホーム最大得点差勝利:4ー1(1982年1月23日)
  • ダルムシュタットのアウェー最高成績:未勝利
  • 歴代最多観客数:7万5000人(2016年2月20日)

予想ラインナップ

バイエルン・ミュンヘン(4ー2ー3ー1)
ウルライヒ;ラーム、ハビ・マルティネス、ボアテング、アラバ;シャビ・アロンソ、キミッヒ;ドグラス・コスタ、ミュラー、リベリ;レバンドフスキ

ダルムシュタット(4ー2ー3ー1)
エッサー;シリグ、バンガード、スル、ホラント;カマブアカ、アルティントップ;ヘラー、ゴンドーフ、ブランチッチ;プラッテ