Summary

  • ブンデスリーガ第31節、ウォルフスブルクとバイエルンが対戦
  • バイエルンはウォルフスブルク戦直近11試合で10勝をマーク
  • バイエルンは今節で優勝が決まる可能性あり

バイエルン・ミュンヘンは4月26日のドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)準決勝でドルトムントに敗れ、国内2冠の夢を断たれた。残されたリーグ優勝のタイトルを確実なものとすべく、残留を争う14位のウォルフスブルクと対戦する。

対戦トリビア

  • バイエルンは2003年と2008年にウォルフスブルクの本拠地でリーグ優勝を決めている。今回は先に試合を行う2位ライプツィヒが引き分け以下に終わり、かつバイエルンが勝利すれば5連覇が決まる
  • ウォルフスブルクはアンドリース・ヨンカー監督就任後の4試合を2勝2分けで乗り切ったが、その後の4試合は1勝3敗と再び低迷
  • 今節は15位ハンブルガーSVと16位アウクスブルクの直接対決があるため、ウォルフスブルクは大敗しない限り今節での降格圏転落はない
  • バイエルンは公式戦5試合未勝利。2分け3敗と王者らしからぬ戦いが続く
  • ウォルフスブルクは一昨季にリーグ2位に食い込み、DFB杯優勝も果たしたが、今季はバイエルンと勝ち点「37」もの差をつけられている
  • バイエルンのロベルト・レバンドフスキは対ウォルフスブルク戦12試合で17つのスコアポイントを記録している

歴史的なデータ

  • バイエルンはウォルフスブルク戦直近11試合で10勝をマーク。通算成績でも39戦してわずか4敗しかしていない
  • ウォルフスブルクはホームのバイエルン戦で通算11敗。2014年3月にはクラブワーストスコアとなる1ー6の大敗を喫している
  • バイエルンはフォルクスワーゲン・アレーナでの直近7試合で一度しか負けていない(2015年1月に1-4で敗戦)
  • バイエルンは2009年4月のウォルフスブルク戦で1ー5と大敗。バイエルンが1試合で5失点以上を喫したのは過去15年間でその一度だけ
  • ウォルフスブルクのホーム最大得点差勝利:5ー1(2009年4月4日)
  • バイエルンのアウェー最高成績:6ー1(2014年3月6日)
  • 歴代最多観客数:3万人(※過去14度あり、2016年2月27日)

予想ラインナップ

ウォルフスブルク(4ー2ー3ー1)
カステールス;トレッシュ、クノッヘ、ルイス・グスタボ、ロドリゲス; バズール、ゲアハート;ブワシュチコフスキ、ディダビ、ビエイリーニャ;ゴメス

バイエルン・ミュンヘン(4ー2ー3ー1)
ウルライヒ;ラーム、ボアテング、ハビ・マルティネス、ベルナート;シャビ・アロンソ、ビダル;ロッベン、ティアゴ、リベリ;レバンドフスキ