Summary

  • ブンデスリーガ第31節、マインツとボルシアMGが対戦
  • 通算対戦成績はボルシアMGの8勝6分け7敗
  • ボルシアMGは今季48試合目の公式戦

前々節に連敗を止めたマインツは、前節もバイエルン・ミュンヘンから勝ち点1をもぎ取って13位に浮上した。今節は2連敗中のメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)をホームに迎える。

対戦トリビア

  • ボルシアMGの残り4試合の対戦相手はすべて13位以下のチーム。残留争いのカギを握る存在となりそうだ
  • ボルシアMGは前半戦の上述4カードでわずか勝ち点「4」に終わっている
  • マインツは直近2試合で勝ち点「4」を獲得。前節のバイエルン戦では今季最長となる総走行距離124.1kmをマークした
  • ボルシアMGはディーター・ヘッキング監督就任後の最初の11試合(第17節~第27節)でわずか9失点だったが、直近3試合で10失点を喫している
  • その10失点のうち4失点はFKによるもの。第27節まではFKから1失点しかしていなかった
  • ボルシアMGは先制しながら落とした勝ち点が「17」あり、劣勢の展開から得た勝ち点は「4」。いずれもリーグワースト2位の成績
  • ボルシアMGはブンデスリーガのクラブの中で今季最も多くの公式戦をこなしており、マインツ戦が48試合目
  • マインツの新守護神ヤニック・フートはデータでもヨナス・レッスルを上回っている
  • 今季前半の対戦ではアンドレアス・クリステンセンの決勝点でボルシアMGが1ー0で勝利。クリステンセンはここまでリーグナンバーワンの対人勝率を誇る
  • ボルシアMGのラース・シュティンドルは今季勝利を飾った11試合のうち10試合でゴールに絡んでいる

歴史的なデータ

  • マインツは先制したボルシアMG戦7試合のうち6勝を挙げている(唯一の例外は2013年5月にホームで2ー4と敗れた試合)
  • ボルシアMGは先制したマインツ戦は一度も負けていない
  • ボルシアMGは今季前半戦の対戦こそ勝利したものの、それまでマインツ戦は4試合連続で白星がなかった
  • 通算対戦成績はボルシアMGの8勝6分け7敗
  • 2016年の2試合はいずれもホームチームが1ー0で勝利している
  • マインツはボルシアMGとのホームゲーム直近5試合でわずか1勝
  • マインツがホームで最も“クリーンシート”を記録している相手はボルシアMG。過去6試合を無失点に抑えている
  • マインツのホーム最大得点差勝利:3-0(※過去2度あり、2007年5月12日)
  • ボルシアMGのアウェー最高成績:3-0(2012年5月5日)
  • 歴代最多観客数:3万4000人(2015年3月7日)

予想ラインナップ

マインツ(4ー2ー3ー1)
フート;ドナティ、ベル、ハック、ブロジンスキ;フライ、ラッツァ;クアイソン、ボージャン、デブラシス;コルドバ

メンヘングラートバッハ(4ー4ー2)
ゾマー;エルベディ、クリステンセン、ベスターガード、シュルツ;トラオレ、ダフート、シュトローブル、ホフマン;ハーン、シュティンドル