Summary

  • ブンデスリーガ第31節、ドルトムントとケルンが対戦
  • 直近5試合の対戦成績はケルンの2勝3分け無敗
  • ドルトムントはホーム35試合連続無敗中

前節の勝利で第25節以来となる3位返り咲きを果たしたドルトムント。欧州チャンピオンズリーグ(CL)のストレートインを目指し、8位のケルンをホームに迎える。香川真司と大迫勇也の日本人対決は実現するか?

対戦トリビア

  • ドルトムントはブンデスリーガでホーム35試合連続無敗中。ジグナル・イドゥナ・パークでは2年以上も負けていない
  • ケルンは直近のリーグ戦5試合で1分け4敗。欧州リーグ(EL)の出場権が危うくなってきた
  • ドルトムントは6位以内でのフィニッシュが確定。来季の欧州カップ戦出場が決まっている
  • ケルンは2014年の再昇格以降、引き分けが37試合と断トツの多さ
  • ケルンのペーター・シュテーガー監督はドルトムント戦で2勝3分けと負けたことがない
  • 得点ランキング1位のピエールエメリック・オバメヤン(27得点)と3位アントニ・モデステ(23得点)の直接対決に注目
  • ケルンのレオナルド・ビッテンクールトは2012年夏からドルトムントに1シーズン在籍。ブンデスリーガデビューを飾り、5試合に出場した
  • ミロシュ・ヨイッチは2015年にドルトムントからケルンに加入
  • ネベン・ズボティッチはこの冬に期限付きでドルトムントからケルンに加入したが、ズボティッチが先発した6試合でチームはわずか1勝……

歴史的なデータ

  • ドルトムントはホームのケルン戦で17試合連続勝ち点を獲得。その間14勝を挙げている
  • ドルトムントホームの対戦は一昨季、昨季と2試合連続引き分けに終わっている
  • ケルンはドルトムント戦直近5試合で無敗(2勝3分け)。ただし、ぞれ以前は8連敗していた
  • ドルトムント相手に5戦連続で勝ち点を獲得するのは、クリストフ・ダウムがチームを率いていた1990年代初頭以来(当時は8戦無敗)
  • ドルトムントが5試合も勝利から遠ざかっている相手はケルンのみ
  • ドルトムントはケルン戦で24回の“クリーンシート”を記録。これはアイントラハト・フランクフルト戦の25回に次ぐ数字
  • 同カードのスコレスドローは通算9回。ドルトムント対シャルケの“ルールダービー”(10回)に次いで多い
  • ドルトムントのホーム最大得点差勝利:6ー1(1966年10月15日)
  • ケルンのアウェー最高成績:4ー0(1988年10月29日)
  • 歴代最多観客数:8万1359人(2016年5月14日)

予想ラインナップ

ドルトムント(3ー4ー2ー1)
ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、ギンター;ドゥルム、カストロ、ワイグル、ゲレイロ;プリシッチ、ロイス;オバメヤン

ケルン(4ー4ー2)
ホーン;クリュンター、ズボティッチ、ハインツ、ヘクター;ヨイッチ、レーマン、ヘーガー、ビッテンクールト;ルドネフス、モデステ