Summary

  • ブンデスリーガ第30節、ハンブルクとダルムシュタットが対戦
  • ダルムシュタットが勝って今節の降格を回避
  • ハンブルクはホームで10試合ぶりの敗戦

ブンデスリーガ第30節が4月22日に行われ、酒井高徳が所属するハンブルガーSVがホームでダルムシュタットに1ー2で敗れた。酒井はボランチで先発フル出場を果たした。

ハンブルガーSV 1ー2 ダルムシュタット

残留に向けて必勝を期す両チームの対戦は、ファンが持ち込んだ発煙筒の煙でキックオフ直後に試合が数分間中断する波乱の幕開けとなった。

先にチャンスを作ったのはホームのハンブルク。12分、ディークマイヤーが右サイドから入れたクロスがゴール前を横切ってファーサイドへ。これをコスティッチがマイナスに折り返すが、わずかに味方には合わなかった。

その後もハンブルクがゲームを支配し、17分にユングがミドルシュート、28分にはCKのこぼれ球を最後はハントがシュートに持ち込む。37分にはボランチの酒井もペナルティーエリアの手前から果敢にシュートを狙った。

一方のダルムシュタットは、引き分け以下なら降格が決定しまう状況にもかかわらず攻撃の形を見いだせない。前半は完全に沈黙し、チャンスらしいチャンスさえ作れないまま後半へと折り返した。

しかし、後半の立ち上がりにダルムシュタットがワンチャンスをモノにする。51分、右CKから主将のスルがファーサイドに流れたボールを押し込んで先制。試合の流れに反してアウェーチームがリードを奪う。

さらに53分には、中盤で相手のパスミスを拾ったブランチッチが、素早く前線のゴンドーフへスルーパス。最後はゴンドーフのラストパスを受けたプラッテが決めてリードを2点に広げた。

わずか3分間で2失点を許したハンブルクは、57分にヤッタ、70分にはグレゴリッチとアタッカーを投入して反撃に出るが、守備を固めるダルムシュタットのゴールをこじ開けることができない。アディショナルタイムに相手のオウンゴールでようやく1点を返したものの、追いつく時間は残されていなかった。

ホームで10試合ぶりの黒星を喫したハンブルクは15位に後退。一方、今季14戦全敗だったアウェーゲームで待望の初勝利を挙げたダルムシュタットは、残留へ首の皮一枚つながった。

【得点】

ハンブルガーSV:オウンゴール(90分)
ダルムシュタット:スル(51分)、プラッテ(53分)

【ラインナップ】

ハンブルガーSV(4ー2ー3ー1)
マテニア;ディークマイヤー(57分 ヤッタ)、パパドプロス、マブライ、ドグラス・サントス;ユング、酒井;ハント、ホルトビー、コスティッチ(70分 グレゴリッチ);ウッド

ダルムシュタット(4ー2ー3ー1)
エッサー;シリグ、バンガード、スル、ホラント;カマブアカ(70分 ローゼンタール)、アルティントップ;ヘラー、ゴンドーフ、ブランチッチ(80分 サム);プラッテ(63分 シップロック)