Summary

  • ブンデスリーガ第30節、シャルケとライプツィヒが対戦
  • ライプツィヒは現在リーグ戦4連勝中
  • 今季前半の対戦ではライプツィヒが2ー1で勝利

欧州リーグ(EL)出場権を争うシャルケは前節、最下位ダルムシュタット相手に不覚を取った。20日に行われたEL準々決勝でも延長戦の末に敗退と苦しい戦いが続く。一方のライプツィヒは現在リーグ戦4連勝中。22日の試合で首位バイエルン・ミュンへンが勝ち点を取りこぼしたことで、ポイント差を詰める絶好のチャンスが巡ってきた。

対戦トリビア

  • ライプツィヒは4月に入ってリーグ戦4連勝中。その間の得失点は12得点・2失点とリーグ最高の成績を収めている
  • ライプツィヒはナビ・ケイタが絶好調。第25節までは22試合に出場して4ゴールだったが、第26節からの4試合で4ゴールを挙げている
  • ライプツィヒはすでに4位以内が確定。あと勝ち点「6」を積み上げれば欧州チャンピオンズリーグ(CL)のストレートインも確定する
  • シャルケは前節のダルムシュタット戦でシーズン最多の26本のシュートを放ちながら1ー2で敗れた
  • ライプツィヒのラルフ・ラングニックSDは過去に2度シャルケの監督を歴任(2004年9月〜2005年12月、2011年3月〜9月)。ブンデスリーガ57試合で31勝を挙げており、17試合以上チームを率いた監督の中では歴代最高の勝率(54.4%)を誇る

歴史的なデータ

  • シャルケのギド・ブルクスタラーはニュルンベルク時代にライプツィヒと3度対戦し、2ゴール1アシストを記録している
  • シャルケのアレサンドロ・シェプフも前所属はニュルンベルクで、2部時代の2014年10月にライプツィヒからゴールを奪っている
  • 公式戦初顔合わせとなった今季前半の対戦ではライプツィヒが2ー1で勝利

  • ライプツィヒは対ダルムシュタット戦、対マインツ戦に続く今季3カード目の“シーズンダブル”を狙う
  • ライプツィヒのラルフ・ハーゼンヒュットル監督はブンデスリーガの試合でシャルケに負けたことがない(2勝1分け)
  • ハーゼンヒュットル監督はシャルケのマークス・ワインツィアル監督と対戦で6勝1分け1敗の好成績を残している(2部、3部時代を含む)
  • シャルケのブルクスタラーとライプツィヒのマーセル・ザビッツァーは2014年夏までの1年半、ラピド・ウィーン(オーストリア)でチームメートだった

予想ラインナップ

シャルケ(4ー2ー3ー1)
フェアマン;コケ、ヘーベデス、ナスタシッチ、アオゴ;ゴレツカ、ベンタレブ;シェプフ、マイヤー、カリジュリ;ブルクスタラー

ライプツィヒ(4ー4ー2)
グラシ;ベルナルド、オーバン、コンペア、ハルステンベアク;ザビッツァー、ケイタ、デメ、フォースベルク;ウェアナー、パウルゼン