Summary

  • ブンデスリーガ第29節、アウクスブルクとケルンが対戦
  • アウクスブルクは対ケルン戦6戦無敗中
  • 大迫が先発復帰へ。宇佐美はベンチスタート予想

3連敗で昇降格プレーオフに回る16位に沈んだアウクスブルクが、好相性の7位ケルンをホームに迎える。前節に予想外のスピード復帰を果たしたケルンの大迫勇也は早くも先発復帰が濃厚。一方、アウクスブルクの宇佐美貴史はベンチスタートが予想されている。

対戦トリビア

  • アウクスブルクは3年半ぶりのリーグ戦3連敗中。6試合白星から遠ざかっている
  • アウクスブルクは対ケルン戦6戦無敗中。これは8戦無敗中のアイントラハト・フランクフルト戦に次ぐ好成績
  • アウクスブルクはウィンターブレーク明けの12試合すべてで劣勢の展開を強いられているが、うち6試合は勝ち点を得ている
  • ケルンは前節、メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)とのラインダービーに敗れて後半戦5敗目。前半戦はわずか3敗だった
  • ケルンのアントニー・モデステはチーム総得点の58%にあたる23得点を一人で挙げている。58%はブンデスリーガ史上最高の数字
  • アウクスブルクはセットプレーからの失点が前半戦はわずか4だったが、後半戦はすでに8失点を喫している

歴史的なデータ

  • ケルンはアウクスブルク戦で4試合連続ノーゴール中(スコアレスドロー3試合、0ー1が1試合)。頼みのモデステもアウクスブルク戦では7試合ゴールがない

ケルンのホームで行われた前回対戦はスコアレスドロー。モデステも不発にもわった

  • ケルンはアウクスブルクとの初対戦(2011年10月30日)こそ3ー0で勝利しているが、以降の6試合は一度も勝っていない
  • ケルンはアウクスブルクのホームで行われたブンデスリーガの対戦で一度も勝ったことがない(2分け1敗)。なお、2部時代は敵地で2勝を挙げている
  • アウクスブルクのラウル・ボバディアはケルン戦8試合で4勝4分けの負け知らず。さらに、ボルシアMG在籍時の2010年11月にはドッペルパック(1試合2得点)を達成するなど、ケルンから3ゴールを挙げている
  • アウクスブルクのホーム最大得点差勝利:2-1(2012年3月31日)
  • ケルンのアウェー最高成績:未勝利
  • 歴代最多観客数:3万660人(2012年3月31日)

予想ラインナップ

アウクスブルク(4ー4ー2)
ヒッツ;フェアハーク、ダンソ、ヒンテレッガー、スタフィリディス;チ・ドンウォン、バイヤー、コア、ク・ジャチョル;ボバディア、フィンボガソン

ケルン(3ー4ー1ー2)
ホーン;ソーレンセン、ズボティッチ、ハインツ;クリュンター、ヘーガー、レーマン、ヘクター;ヨイッチ;大迫、モデステ

前節の後半から戦列に戻った大迫は早くも先発復帰が見込まれている