Summary

  • ブンデスリーガ第29節、マインツとヘルタが対戦
  • マインツはリーグ戦5連敗中
  • ヘルタはアウェーゲーム7連敗中

ドロ沼の5連敗で自動降格圏と勝ち点1差の15位まで転落したマインツが、前節に連敗を3で止めた5位のヘルタ・ベルリンをホームに迎える。マインツの武藤嘉紀、ヘルタの原口元気はともに先発予想。日本人対決が実現しそうだ。

対戦トリビア

  • ヘルタは現在アウェー7連敗中。今節も敗れるとアウェー連敗記録のクラブワーストを更新することになる
  • このカードでは両チームともに“シーズンダブル”がない。今季前半はヘルタが勝利しており、これまでのパターンでいくとマインツのほうに分がある
  • マインツは現在リーグ戦5連敗中。すべて1点差で敗れている
  • マインツはヘルタとホームで8試合を戦ってわずかに1勝。ホームで1勝は対バイエルン・ミュンヘン戦(8戦2勝)よりも悪い成績
  • マインツのマーティン・シュミット監督は、ライプツィヒ、ドルトムント、そしてヘルタの3チームに勝利したことがない
  • ヘルタはブラジミール・ダリダが累積警告で出場停止。1試合平均走行距離でリーグ2位の12.7kmをマークしているMFの欠場は、運動量を武器とするマインツ戦では大きな痛手
  • マインツが2017年に入って決めた10ゴールのうち、7ゴールはレビン・オストゥナリが絡んでいる(3ゴール4アシスト)
  • ヘルタはウィンターブレーク前までミドルシュートによる失点がゼロだったが、年明け以降はすでに5失点。直近7試合で2本のミドルシュートを決めているオストゥナリは要注意
  • シーズン前半の対戦ではヘルタが2ー1で勝利。ベダド・イビシェビッチがブンデスリーガ通算100ゴール目を含む2得点を挙げた。ただし、その後イビシェビッチは2枚目のイエローカードをもらって退場になっている

前回対戦ではイビシェビッチがブンデスリーガ通算100ゴールを達成。退場処分のおまけ付きだった

  • イビシェビッチはこのマインツ戦を最後にリーグ戦でドッペルパック(1試合2得点)がない
  • このカードでは直近4試合で5人の退場者が出ている(マインツ2人、ヘルタ3人)。前回対戦ではイビシェビッチに加えてマインツのジャンフィリップ・グバミンも退場になっている

歴史的なデータ

  • 今季のヘルタはアウェーでとことん苦戦しているが、マインツとのアウェーゲームでは4試合無敗中(2勝2分け)
  • マインツはヘルタとの最近10試合でわずか1勝。唯一の勝利は2014年9月のアウェーゲームで、その時は岡崎慎司が2ゴール、現ヘルタのサミ・アラギが1ゴールを決めている(スコアは3ー1)
  • ヘルタはパル・ダールダイ監督の就任後、マインツ相手に3戦全勝
  • マインツはヘルタ戦で先制された展開から2勝しているが、逆に先制した試合では1勝しか挙げていない
  • マインツがホームでヘルタに勝ったのは、アンドレアス・イバンシッツとアリスティド・バンセのゴールで2ー1の逆転勝ちを収めた2009年9月の一度だけ
  • マインツのホーム最大得点差勝利:2ー1(2016年5月14日)
  • ヘルタのアウェー最高成績:3ー0(2005年5月22日)
  • 歴代最多観客数:3万3800人(2016年5月14日)

マインツ(4ー4ー2)
レッスル;ドナティ、ベル、ハック、ブロジンスキ;オストゥナリ、フライ、ラッツァ、デブラシス;コルドバ、武藤

ヘルタ・ベルリン(4ー2ー3ー1)
ヤルステイン;ペカリク、ラングカンプ、ブルックス、プラッテンハート;シェルブレッド、シュターク;原口、シュトッカー、カルー;イビシェビッチ