Summary

  • バイエルンのレバンドフスキが第28節のMVPに輝く
  • ドルトムントとのデア・クラシカーでドッペルパックを達成
  • 今季のゴール数を26まで伸ばし、得点ランキングのトップに浮上

公式ツイッターの投票によるブンデスリーガ第28節のMVPが発表され、30%の支持を集めたロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)が今季5度目の受賞を果たした。

レバンドフスキは古巣ドルトムントとの“デア・クラシカー”で、シーズン9度目のドッペルパック(1試合2得点)を達成。今季のゴール数を「26」とし、得点ランキングの単独トップに立った。

MVP候補にはレバンドフスキのほかに、ホッフェンハイム戦で2ゴールを挙げたアーロン・ハント(ハンブルガーSV)、ドルトムント戦で最多のシュートを放ち、ダメ押しの3点目を奪ったアリエン・ロッベン(バイエルン・ミュンヘン)、ウォルフスブルク戦で2ゴールを挙げたギド・ブルクスタラー(シャルケ)がノミネートされ、得票率はそれぞれ25%、24%、21%だった。