Summary

  • ブンデスリーガ第27節、マインツとライプツィヒが対戦
  • マインツはシュミット監督体制下でワーストの3連敗中
  • 公式戦初顔合わせとなった前回対戦ではライプツィヒが3ー1で勝利

現在3連敗中のマインツは気がつけば昇降格プレーオフに回る16位と同勝ち点の15位まで転落。そんな状況下で前節4ー0の快勝を収めた2位のライプツィヒをホームに迎える。前節出番がなかった武藤嘉紀に出場機会は訪れるか。

対戦トリビア

  • マインツはマーティン・シュミット監督体制下で初の3連敗中。15位まで転落するのもシュミット体制下ではワースト記録
  • マインツは2017年のホームゲーム6試合でわずかに1勝。また直近の3試合で勝ち点「1」しか手にしていない
  • 第22節終了時点でマインツと昇降格プレーオフに回る16位との勝ち点差は「8」あったが、現在は勝ち点で並ばれている
  • マインツはすでに昨季の総失点を上回る43失点を喫している。第26節終了時点で43失点はクラブワースト記録
  • ライプツィヒの現在の勝ち点は「52」。勝ち点3制の導入以降、第26節終了時点で勝ち点52を手にしながら3位以内を逃したチームは一つしかない
  • ライプツィヒのエミル・フォースベルクは前節のダルムシュタット戦でリーグ最多となる今季4点目のミドルシュートを決めた
  • 公式戦初顔合わせとなった今季前半の対戦では、前半終了時点でライプツィヒが3ー0のリード(最終スコアは3ー1)。これはライプツィヒがブンデスリーガの前半45分で記録した最大リード
  • マインツのホームで両チームが対戦するのは今回が初めて

歴史的なデータ

  • マインツがブンデスリーガで勝ち点を奪ったことがない相手は、アレマニア・アーヘン(2戦2敗)とライプツィヒ(1戦1敗)のみ
  • ライプツィヒのラルフ・ハーゼンヒュットル監督は、インゴルシュタットの監督時代も含めてマインツ相手に3戦全勝
  • マインツのアンドレ・ラマーリョは2013年から2015年までザルツブルク(オーストリア)に在籍。ライプツィヒのシュテファン・イルサンカー、ナビ・ケイタ、ペーター・グラシ、ベンノ・シュミッツ、マーセル・ザビッツァーの5選手とはかつてチームメートだった
  • ライプツィヒのアシスタントコーチを務めるジョルト・レーブは、2009年1月から2011年夏まで選手としてマインツに在籍。ブンデスリーガ15試合、2部14試合に出場し、2009年には1部昇格を経験している
  • イルサンカーは1998年から2001年までマインツのユースに所属。GKだった父もマインツで2部の5試合に出場している

予想ラインナップ

マインツ(4ー2ー3ー1)
レッスル;ドナティ、ベル、ラマーリョ、ブロジンスキ;グバミン、フライ;クアイソン、セルダル、ハイロ;コルドバ

ライプツィヒ(4ー3ー3)
グラシ;ベルナルド、オルバン、コンペア、ハルステンベアク;ケイタ、イルサンカー、ケディラ;カイザー、ウェアナー、フォースベルク