Summary

  • ブンデスリーガ第27節、ボルシアMGとヘルタが対戦
  • 今季前半の対戦ではヘルタが3ー0で勝利している
  • ヘルタのダールダイ監督はヘッキング監督率いるチームに勝利したことがない

3試合勝ち星から遠ざかっているメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)が、2連敗中のヘルタ・ベルリンをホームに迎える。ヘルタは今季苦戦中のアウェーでの一戦となるが、上位争いに踏みとどまるためには勝ち点が必須。原口元気は先発が予想されている。

対戦トリビア

  • ベルリンで行われた前回対戦ではサロモン・カルーのハットトリックの活躍でヘルタが3ー0の勝利を収めている
  • ボルシアMGはディーター・ヘッキング監督就任後の10試合で勝ち点「17」を獲得。アンドレ・シューベルト前監督在任時(16試合)の勝ち点「16」を上回った
  • ボルシアMGは監督交代後に守備力も向上。無失点試合の数はウィンターブレーク前が4試合だったのに対し、再開後は早くも5試合のクリーンシートを記録している
  • ボルシアMGの悩みどころはホーム成績。ヘッキング体制下ではアウェーで勝ち点「11」を獲得している一方、ホームでは勝ち点「6」にとどまっている
  • ボルシアMGは現在、公式戦5戦未勝利
  • ボルシアMGのラファエルは2008年1月から2012年6月までヘルタに在籍。ヘルタでは110試合で23得点をマークしている
  • ヘルタは現在、アウェーゲーム6連敗中
  • ヘルタは2017年に入って勝利数(3勝)の倍にあたる6敗を喫している
  • ヘルタと4位ドルトムントの勝ち点差は前節終了時点で「7」。欧州チャンピオンズリーグ(CL)の出場権よりも、欧州リーグ(CL)狙いが現実的になってきた

歴史的なデータ

  • 昨季の対戦ではボルシアMGが4ー1、5ー0と圧倒。逆に今季前半戦はヘルタが3ー0の快勝と、直近3試合はいずれも3点差以上がついている
  • ボルシアMGは今季前半の対戦に敗れ、対ヘルタ戦の連勝が「5」でストップした
  • 同カードでは過去6試合ですべて3ゴール以上が生まれており、両チームの総ゴール数はボルシアMG「17」、ヘルタ「7」
  • ヘッキング監督はリーグ戦でのヘルタとのホームゲームで一度も負けたことがない。一方、ヘルタのパル・ダールダイ監督はヘッキング率いるチームに勝ったことがない(1分け2敗)
  • ヘルタが敵地でのボルシアMG戦直近10試合で勝ったのは、2008年9月の1勝のみ。さらに直近のアウェーゲーム4試合のうち、3試合は完封されている
  • ボルシアMGのホーム最大得点差勝利:5-0(2016年4月3日)
  • ヘルタ・ベルリンのアウェー最高成績:4-2(1999年4月4日)
  • 歴代最多観客数:5万3466人(2005年5月14日)

予想ラインナップ

メンヘングラートバッハ(4ー4ー2)
ゾマー;エルベディ、クリステンセン、ベスタ―ガード、ウェント;ヘアマン、ダフート、コロジェチャク、アザール;シュティンドル、ラファエル

ヘルタ・ベルリン(4-2-3-1)
ヤルステイン;ペカリク、ラングカンプ、ブルックス、プラッテンハート;シュターク、シェルブレッド;エスワイン、ダリダ、原口;カルー