Summary

  • ドルトムントが大量6ゴールを奪って3連勝
  • オバメヤンは2試合連続のドッペルパック達成
  • レーバークーゼンはリーグ戦3連敗

ブンデスリーガ第23節が3月4日に行われ、香川真司が所属するドルトムントがホームでレーバークーゼンに6ー2で快勝した。4試合連続のベンチスタートとなった香川は73分から途中出場。チームの6点目に絡んだ。

ドルトムント 6ー2 レーバークーゼン

先手を取ったのは現在リーグ2連勝と勢いに乗るドルトムントだった。開始6分、オバメヤンが高い位置で相手にプレッシャーをかけてボールを奪うと、カストロ、ピシュチェクとつないでゴール前にクロス。一度は相手DFにクリアされたが、最後はこぼれ球を拾ったデンベレが冷静に決めた。26分にはロイスの右CKからニアサイドのバルトラがヘディングシュート。DFに当たってファーサイドにこぼれたボールをオバメヤンが難なく押し込んで追加点を挙げる。

完全に主導権を握ったドルトムントは31分にもデンベレのお膳立てからオバメヤンがビッグチャンスを迎えるが、まさかの空振りでゴールならず。41分にはロングボールに抜け出したロイスが決定機を迎えたが、GKの好セーブに遭ってこちらも得点には至らない。さらにこのプレーでロイスが太もも痛めて交代を余儀なくされる。

後半に入るとレーバークーゼンも反撃。48分、左サイドでボールを受けたフォラントがソクラティスの2度のチャージをものともせずにエリア内に侵入すると、豪快に左足を振り抜いて1点を返した。ドルトムントは58分、ゴール前でボールを受けたデンベレが鋭い切り返しからフィニッシュに持ち込むが、狙い済ました右足シュートはわずかにゴール右へ外れる。

再三の決定機を決められずドルトムントに不穏な空気が流れ始めるが、頼れるエースが悪い流れを断ち切る。69分、ゲレイロが蹴ったFKのこぼれ球をデンベレがダイレクトで折り返し。これをファーサイドに詰めていたオバメヤンが頭で押し込んでドッペルパックを達成した。

粘るレーバークーゼンも74分、ベララビがゴール正面で得たFKをウェンデルが左足で直接叩き込んで再び1点差とするが、ここからホームチームのゴールラッシュが始まる。77分、右サイドからのドゥルムの折り返しを後方から走り込んだプリシッチがダイレクトで押し込んで4点目。84分には途中出場のシュアレが自ら獲得したPKを確実に決めて5点目を奪う。

さらにアディショナルタイムには香川がエリア内に走り込んでパスを引き出し、こぼれたボールをプリシッチがゲレイロへつないで6点目。撃ち合いを制したドルトムントがリーグ戦3連勝を飾った。

【得点】
ドルトムント;デンベレ(6分)、オバメヤン(26分、69分)、プリシッチ(77分)、シュアレ(85分/PK)、ゲレイロ(90分)

レーバークーゼン:フォラント(48分)、ウェンデル(74分)

【ラインナップ】
ドルトムント(3ー4ー2ー1)
ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、バルトラ;ドゥルム、ワイグル、カストロ、ゲレイロ;デンベレ(73分 香川)、ロイス(44分 プリシッチ);オバメヤン(81分 シュアレ)

レーバークーゼン(4ー4ー2)
レノ;ヘンリクス、イェドバイ、トプラク(86分 ドラゴビッチ)、ウェンデル;メーメディ(66分 チチャリート)、アランギス(38分 ベララビ)、ベンダー、カンプル;ハフェルツ、フォラント