Summary

  • ハンブルクは現在ホーム5戦無敗中
  • 直近7度の対戦ではヘルタが6勝をマーク
  • 同カードでは3試合連続でドッペルパック(1試合2得点)達成者が生まれている

バイエルン・ミュンヘンに0ー8と叩きのめされて再び降格圏に転落したハンブルガーSV。立て直しを図る今節はホームにヘルタ・ベルリンを迎える。ハンブルク主将の酒井高徳、ヘルタの原口元気はともに先発予想。日本人同士のマッチアップも見どころとなりそうだ。

対戦トリビア

  • ハンブルクは今節を含む今後の4試合のうち3試合がホームゲーム。残留に向けて大事な局面を迎える

  • ハンブルクは現在ホーム5戦無敗中。最大15の勝ち点のうち11を獲得している

  • ヘルタにとってハンブルクは勝利数が最も多い相手。これまでに通算28勝を挙げている

  • 直近7度の対戦ではヘルタが6勝をマーク。その6勝はすべて完封勝ち

  • ハンブルクのマークス・ギスドル監督にとってヘルタは同クラブでの初陣を飾った相手(今季第6節、0ー2で敗戦)

  • ハンブルクはギスドル体制下の17試合で勝ち点19を獲得。開幕からこのペースで勝ち点を積み上げていれば残留の目安となる38ポイントに届く数字だった

歴史的なデータ

  • ヘルタはハンブルク戦でここまで通算99ゴールをマーク。対戦相手別で見るとフランクフルト戦の通算102ゴールに次ぐ数字

  • 同カードは2009年のハンブルクホームの一戦を最後にチケットが完売していない

  • ヘルタはハンブルク戦で1点ビハインドから5勝をマーク。これは対戦相手別で最多

  • 同カードでは現在3試合連続でドッペルパック(1試合2得点)が飛び出している。前回対戦ではヘルタのベダド・イビシェビッチが、前々回はハンブルクのニコライ・ミュラーが、さらにその前の対戦でもイビシェビッチが2ゴールを決めている

  • ハンブルガーSVの最大得点差勝利:5-1(2009年9月11日)

  • ヘルタ・ベルリンのアウェー最高成績:4-0(1998年12月11日)

  • 歴代最多観客数:5万7000人(2009年5月30日)

予想ラインナップ

ハンブルガーSV(4-2-3-1)
アードラー;酒井、パパドプロス、マブライ、オスチョレク;エクダル、ユング;ミュラー、ホルトビー、コスティッチ;ウッド

ヘルタ・ベルリン(4-2-3-1)
ヤルステイン;ペカリク、ラングカンプ、ブルックス、プラッテンハート;シェルブレッド、シュターク;原口、ダリダ、カルー;イビシェビッチ