Summary

  • バイエルンが8ー0の大勝で対ハンブルガーSV戦8連勝
  • ドルトムントが今季初のアウェー戦完封勝利
  • ブレーメンが独り勝ちで降格圏を脱出

首位バイエルン・ミュンヘンハンブルガーSVから8ゴールを奪って大勝。追いかける2位ライプツィヒと3位ドルトムントもきっちり白星を手にした。激戦が続く残留争いではブレーメンが独り勝ちを収めて降格圏を脱出。悲喜こもごもの第22節を5つのトピックスで振り返る。

1)バイエルンがド派手な勝利

はるばるハンブルクからミュンヘンまでやって来たハンブルガーSVご一行を待ち受けていたのは0ー8という悪夢だった。バイエルンはホームでのハンブルク戦で8連勝をマーク。その間の得点は「45」、失点はわずかに「3」と、徹底的にハンブルクを“カモ”にしている。

ロベルト・レバンドフスキが今季2度目のハットトリックを達成すれば、トーマス・ミュラーはゴールこそなかったものの3つのアシストを記録。選手たちがきっちりと自分の役割を果たし、カルロ・アンチェロッティ監督のキャリア通算1000試合目をド派手な勝利で飾った。

2)決めるべき人が決め、守るべき人が守る

ハンブルガーSVとは対照的に、ドルトムントの遠征は実りあるものとなった。フライブルクの敵地に乗り込んで3-0の快勝。対フライブルク戦12連勝を飾り、対戦相手別のクラブ連勝記録を更新した。

攻撃ではエースのピエールエメリック・オバメヤンが今季5度目となるドッペルパック(1試合2得点)を達成し、守備ではGKロマン・ビュルキが古巣をシャットアウト。攻守ががっちりかみ合ったドルトムントが今季初めてアウェーゲームを無失点で乗り切った。

3)マインツ、勝利とともにカーニバルへGO!

ドルトムントと同様、気分良く敵地を後にしたのが、5カ月ぶりのアウェー戦白星を手にしたマインツだ。アウェーで対戦相手別最多の9勝を挙げているレーバークーゼンに対し、相性の良さを見せつけて2-0で快勝。順位を一つ上げて11位に浮上した。

開始3分にCKからシュテファン・ベルが決めて相手の出鼻をくじくと、11分にはレビン・オストゥナリが再びセットプレーから追加点。選手たちはマインツの代名詞と言えるカーニバルを思いっきりエンジョイできたはずだ。

4)ライプツィヒがカーニバルムードに水を差す!

ケルンはマインツに劣らずカーニバルが派手な街だが、こちらはライプツィヒに1-3の力負け。オウンゴールの不運も重なって前半に2点のリードを許した。後半に入って大迫勇也が1点差に詰め寄るゴールを決めたが、ティモ・ウェアナーの一発ですぐさま突き放されて万事休す……。勝ったライプツィヒは今季15勝目。昇格1年目でリーグ制覇を成し遂げた1997/98シーズンのカイザースラウテルンの成績を上回るペースで勝ち星を重ねている。

5)残留争いはブレーメンの独り勝ち

総シュート数は27本。これだけの数字を残しながらウォルフスブルクは勝利を手繰り寄せることができなかった。残留を争うブレーメンとの直接対決に臨んだウォルフスブルクは前半だけでクラブ新記録となる18本のシュートを放ったが、ブレーメンはセルジュ・ニャブリが効率良く2ゴールを記録。勝利の女神はアウェーチームに微笑んだ。

ニャブリはブンデスリーガで初のドッペルパックを達成。ここまでの10ゴールのうち9ゴールが敵地での得点と、アウェーでの勝負強さを見せつけている。残留を争うライバルが軒並み手痛い黒星を喫する中、貴重な勝ち点3を手にしたブレーメンは降格圏を脱出。一方、敗れたウォルフスブルクは2日後にバレリアン・イスマエル監督の解任を発表し、今季2度目の監督交代に踏み切った。