Summary

  • ブンデスリーガ第20節、レーバークーゼンとフランクフルトが対戦
  • チチャリートの2ゴールなどでレーバークーゼンが快勝
  • フランクフルト長谷部はリベロとしてフル出場

ブンデスリーガ第20節が2月11日に行われ、長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトレーバークーゼンに0ー3で敗れた。長谷部は3バックの中央に入り、先発フル出場を果たした。

レーバークーゼン 3ー0 アイントラハト・フランクフルト

試合はホームのレーバークーゼンが開始5分に訪れた最初のチャンスをモノにする。ハフェルツが相手DF4人に囲まれながらも中央突破。最後はヘクターにクリアされるが、セカンドボールをチチャリートが押し込んでゴールネット揺らす。

出鼻をくじかれたフランクフルトは前線のマイヤーとルゴタにボールを集めて反撃を狙うが、19分、マイヤーの浮き球のスルーパスに抜け出したガチノヴィッチのシュートはGKレノの好セーブに阻まれる。26分にはチャンドラーのアーリークロスをルゴタがダイレクトボレーで合わせるが、このシュートもGKの正面だった。

レーバークーゼンは前線のチチャリートとハフェルツに加え、両翼のベララビ、ブラントが積極的に攻撃参加し、34分にベララビ、36分にはチチャリートがシュートチャンスを迎える。一方のフランクフルトは相手に押し込まれ、両サイドが下がって5バックの状態が続く。44分にはマイヤーのパスを受けたオチプカが鋭いグラウンダーのクロスを入れるが、味方には合わず数少ないチャンスを生かせなかった。

後半に入ってもレーバークーゼンのペースは変わらず、63分に追加点が生まれる。カンプルのサイドチェンジからエリア内右でボールを受けたベララビがダイレクトで折り返し。最後はニアサイドに走り込んだチチャリートがダイレクトで右足を振り抜いてゴールネットを揺らした。

レーバークーゼンは78分にもベララビのクロスにフォラントが合わせて追加点。80分、82分にもハフェルツが決定的なチャンスを迎えるなど、相手の反撃を許すことなく3-0の快勝を収めた。ホームチームの勢いに屈したフランクフルトは3試合ぶりの黒星。66分のマイヤー交代後にキャプテンマークを託された長谷部も、この日は本来の影響力を発揮できなかった。

【得点】
レーバークーゼン:チチャリート(5分、63分)、フォラント(78分)

【ラインナップ】
レーバークーゼン(4-2-3-1)
レノ;ヘンリクス、イェドバイ、トプラク、ウェンデル;ベンダー(62分 アランギス)、カンプル;ベララビ、ハフェルツ、ブラント;チチャリート(70分 フォラント)

アイントラハト・フランクフルト(3-5-2)
フラデツキー;ヘクター、長谷部、バジェホ;チャンドラー、ガチノヴィッチ(52分 レビッチ)、バーコック、マスカレル、オチプカ;ルゴタ(76分 セフェロビッチ)、マイヤー(66分 タラシャイ)