Summary

  • 第20節のMVPはダルムシュタットのアルティントップ
  • アルティントップは今冬にダルムシュタットに加入したばかり
  • 中盤のフィルター役兼司令塔として大車輪の活躍

公式ツイッターの投票によるブンデスリーガ第20節のMVPが発表され、38%の支持を集めたダルムシュタットのハミト・アルティントップが初受賞を果たした。

この冬にダルムシュタットに加入し、5年半ぶりにブンデスリーガの舞台に舞い戻ったアルティントップは、ドルトムント戦で初先発を飾ると対人勝率74%、パス成功率82%と中盤の底で抜群の存在感を発揮。決勝ゴールの起点にもなり、チームの12試合ぶりの勝利に大きく貢献した。

MVP候補にはアルティントップのほか、アイントラハト・フランクフルト戦で2ゴールを挙げたチチャリート(レーバークーゼン)、ヘルタ・ベルリン戦で貴重な追加点を挙げたレオン・ゴレツカ(シャルケ)、3アシストでライプツィヒ撃破の原動力となったニコライ・ミュラー(ハンブルガーSV)がノミネートされ、得票率はそれぞれ33%、16%、13%だった。