Summary

  • ブンデスリーガ第18節、シャルケとフランクフルトが対戦
  • 前回対戦(今季開幕節)ではフランクフルトが1ー0で勝利
  • 前節退場処分のフランクフルトGKフラデツキーは出場停止

前節はキックオフ早々のGKの退場もあってライプツィヒに0-3の完敗を喫したアイントラハト・フランクフルト。2戦連続のアウェーゲームとなる今節は、劇的な勝利で2017年のスタートを切ったシャルケと対戦する。

対戦トリビア

・シャルケは前節、後半アディショナルタイムの劇的なゴールでインゴルシュタットに競り勝ち、リーグ戦5試合ぶりの勝利。それまでの4試合は1分け3敗と白星に見放されていた

・対するフランクフルトは前節ライプツィヒに0-3で完敗。ニコ・コバチ監督体制下では最大得点差での敗戦となった

・前節は3失点を喫したものの、第17節終了時点でフランクフルトの15失点はクラブ史上最高成績

・今季のシャルケは上位6チーム相手に一度も勝てておらず、今節のフランクフルト(6位)戦で上位勢からの初勝利を目指す

・フランクフルトは前節の3失点でブンデスリーガ通算失点が2499点となったが、そのうちの1499点は敵地で奪われている

・フランクフルトは金曜ナイトゲームで行われた過去6試合を無失点で乗り切っており、その内訳はスコアレスドローが5試合と、ハンブルガーSVに3-0で快勝(今季第8節)した1試合

・この冬にシャルケに加わったオーストリア人FWギド・ブルクスタラーは、前節のインゴルシュタット戦で途中出場から決勝点をマーク。なお、シャルケに所属したオーストリア人FWで過去最多得点を決めているのは1969年と70年に計8ゴールを挙げたハンス・ピルクナー

歴史的なデータ

・両チームの対戦では2010年3月(シャルケが4-1で勝利)を最後にアウェーチームの勝利がない

・シャルケは今世紀に入ってからフランクフルトとのホームゲームで一度も負けておらず、対戦相手別の無敗記録としては最長(戦績は8勝5分け)。また、その間に喫した失点は28で、こちらは対ヘルタ・ベルリン戦(27失点)に次ぐ少なさ

・両チームの対戦では過去に15回の引き分けがあり、フランクフルトにとっては最も引き分けが多い対戦カード

・フランクフルトはシャルケ戦で計11回、0-1から逆転勝利を収めている。もっとも、このパターンで最後に勝ったのは1999年までさかのぼる

・シャルケのGKラルフ・フェアマンは2009年から2011年までフランクフルトに在籍(リーグ戦18試合に出場)。これまで古巣と6度対戦し、4試合を無失点に抑えている

・フランクフルトのコバチ監督が現役時代に初めてドッペルパック(1試合2ゴール)を達成した相手はシャルケだった(ハンブルガーSV所属時代の2000年2月、試合は3-1で快勝)

・シャルケのホーム最大得点差勝利:4-0(※過去2度あり、直近は2000年10月14日)

・フランクフルトのアウェー最高成績:4-1(1980年8月16日)

・歴代最多観客数:7万人(1974年4月23日)

予想ラインナップ

シャルケ(3ー5ー2)
フェアマン;ヘーベデス、ナルド、ナスタシッチ;シェプフ、ゴレツカ、ガイス、ベンタレブ、コラジナッチ;ブルクスタラー、チュポモティング

フランクフルト(3ー4ー2ー1)
リンドナー;アブラハム、ヘクター、バジェホ;チャンドラー、マスカレル、長谷部、オチプカ;セフェロビッチ、レビッチ;ルゴタ